新婚旅行の持ち物を準備する

結婚式の後のお楽しみといえば、新婚旅行です。

これから新婚旅行に行くという方は、きっと楽しみで仕方ないでしょう。

しかし、そこで気をつけて欲しいのはうっかり忘れ物をしないようにすることです。

一生に一度のイベントですから、事前にチェックリストを作ってしっかり確認しておいた方が安心です。

こちらの新婚旅行で忘れがちな持ち物チェックリストを見てみましょう

意外とうっかり忘れそうな物が多いですよね。

また、上記のチェックリストには載っていませんが、当然ながら結婚指輪も忘れずに付けて行きたいところです。

二人で選んだお気に入りの結婚指輪と共にする新婚旅行ならますます楽しくなりそうです。

様々なデザインの結婚指輪がありますが、私が特に好きなのは杢目金屋さんの結婚指輪です。

杢目金の結婚指輪は、他のメーカーやブランドのリングに比較してユニークなデザインが特徴的。

日本らしい和のテイストがモダンにアレンジされているので、女性だけでなく、和柄の好きな男性にも受けが良いのが特徴です。

結婚指輪と言えば、女性がリードしてリング選びをするものという先入観がありますが、杢目金に関して言えば、男性も積極的にリング選びを行うというカップルのためのブランドとも言えるでしょう。

静岡でも人気があります。

彫金の木目模様が美しく、リングひとつひとつに自然なパターンが出るので、人と同じものがないというのも、このリングの特徴でしょう。

ダイヤの中に桜を浮かび上がらせたりといった、独特のデザインが人気の理由でしょう。

杢目金は違った金属を重ねて何層にもして加熱圧着して、さらに彫りや捻じりを加えながら、木目のような模様を仕上げる手法のことです。

江戸時代には、刀のつばの部分や小柄の部分の飾りに使用されていました。

漆器には似たような技法があり、それを模したものだといわれています。

廃刀令の後は刀や杢目金の技術が廃退してしまい、一度は失われたかのように思われていましたが、同時にこうしたアンティークの杢目金のアイテムは、海外に渡り、海外でむしろ人気が根強くなりました。

静岡でフルオーダーの結婚指輪を考えているなら、一度見てみるのもいいでしょう。

多店舗とはリングのデザインに大きな違いがあります。

シンプルな結婚指輪を選ぶ時に、アームの地金に模様があるので、独特の陰影感が加わって愛着がわきます。